丸わかり!Web会議オススメ6選

home > web会議について > web会議システムの導入で便利になること

web会議システムの導入で便利になること

 web会議システムは、インターネット回線を使って通信をしながら会議や打ち合わせをするシステムです。
高速通信が可能なインターネット回線以外に、通信回線に繋げられるパソコンやスマートフォン等の電気機器やウェブ用のカメラ、通話ができるヘッドセットが必要になります。
ノートパソコンやスマートフォンの中には、カメラが内蔵されている機種がほとんどですので、導入する時に用意する道具が最低限で済むというメリットもあります。
参加者が特定の場所に集まらなくても、インターネットに繋いでシステムを起動させられれば、手持ちのパソコンやスマートフォンの画面から参加が可能です。
必要な資料や書類などの共有や閲覧もウェブ上で行える物も多いです。
参加予定者が出張などの理由で遠方に出かけていても、画面が見られれば話し合いに参加できますし、日本国内や各国の離れた本社や支社間でも、時間さえ決められればすぐに参加できます。
セミナーや社内研修にも、交通機関を使うことなく活用できます。

 インターネット上で打ち合わせができるシステムがあると、必要な人材が離職するのも避けることができます。
例えば、出産をした既婚女性の場合、保育園等の子供の預かり先見つからないとか家族の協力が望めないというのであると、出社が難しく退社を余儀なくされることがあるでしょう。
また、介護が必要な家族と同居する場合、介護保険のサービスの限度を超えてしまい、家族が見守りなどの介助をしなくてはいけなくなり、勤務が難しくなることもあります。
自宅にパソコンと必要な設備を設置するだけで、勤務先と打ち合わせができたり、スケジュールの管理ができたりするため在宅勤務が可能になり、仕事の続行ができます。
社員が通いやすい場所にサテライトオフィス開いて、会社と離れた場所から仕事をする場合にも活用できるでしょう。

 システムを採り入れるのに自社に合うか心配であれば、無料で使えるweb会議のサービスを利用して試してみるといいでしょう。
ビジネス向けのサービスにも無料プランが用意されていることがあります。
参加人数や使えるサービスが限定されていることがありますし、1ヶ月程の無料試用期間が用意されていることもあるので、気になった企業のサービスを確認するといいでしょう。
web会議の利用にはサービスサイトから個々のアカウントを取得する必要があります。
たいていの場合アカウントの取得申込画面でメールアドレスを入力してから、登録したアドレス宛に確認のメールが着ます。
メール内で指定されたサイトのリンク先を表示させてパスワードの設定をすると登録ができ、次回以降はIDとパスワードでログインが行えます。
ビジネス用途のシステムはセキュリティ対策が堅牢なので、パスワードの管理さえしっかりとすれば、個人情報が漏れる心配がないでしょう。
スマートフォン用のアプリがある場合は、インストールするとログインが自動ででき、楽に起動できます。

カテゴリー

PAGE TOP