丸わかり!Web会議オススメ6選

home > web会議について > web会議システムならASP型とサーバー型どちらが良いか

web会議システムならASP型とサーバー型どちらが良いか

 web会議とは、離れた拠点とインターネットを通じて映像や音声でのコミュニケーションや、資料の共有などを行うことができるシステムの事です。
社内のコミュニケーション円滑化や情報共有を目的として導入する会社が増えてきています。
また、会社の拠点がいくつかある場合も人の移動の必要がありませんし、在宅勤務者とのコミュニケーションも取りやすくなるため、働き方改革にもつながると注目されています。
しかし、web会議の仕組みはASP型とサーバー型という2つの仕組みがあります。
ASP型は、サービス提供会社からサーバーをレンタルする仕組みの事です。
サーバー型は自社用のサーバーを使用して、web会議専用ソフトウェアをインストールして運用する仕組みの事です。
それぞれ特徴が異なっているので、目的に同時でどちらを採用するのか見当する事が必要となっていきます。

 まず、ASP型について説明します。
こちらはブラウザからサービス提供会社のサーバーへログインする事で使用が可能となります。
社内にインターネット回線とパソコンがあれば導入する事が可能であるために、低コストで導入が簡単です。
早急にweb会議を出来るようにしたい場合はASP型をおススメします。
ただし、サービス提供会社のサーバーへのレンタル費用が毎月発生します。
サービス提供会社のサーバーの状態によっては、インターネット回線が混雑して、繋がりにくくなることもあります。
また、情報漏洩に関しても、サービス提供会社によるセキュリティ対策が行われはいますが、可能性がゼロであるとは言い切れません。
そのため、繋がりやすいさやセキュリティに関しては、必ず確認しておくようにして下さい。

 そして、サーバー型についてです。
こちらは、自社でサーバーを用意しなければいけませんし、web会議の専用ソフトウェアを購入する事になりますので、初期コストはかかります。
しかし、月々の使用料といった出費はありませんので、長期的に見れば初期コストを回収できる可能性があります。
また、サーバーを購入するのでネットワークに関しては、外部のネットワークの営業を受ける事がありませんので、安定した接続する事が出来ます。
自社のネットワークであれば、情報漏洩の可能性も下げることが出来て安心です。
このように2つそれぞれに特徴の違いがあります。
そのため、自社に合っている仕組みはどちらか、かけられるコストは合っているか、運用する期間が決まっているのかなどの要素と照らし合わせて、ASP型とサーバー型を比較するようにするとよいでしょう。

カテゴリー

PAGE TOP