丸わかり!Web会議オススメ6選

home > web会議について > web会議のメリットやデメリットは

web会議のメリットやデメリットは

 企業などの場合には、会議を開くことがあります。
参加者全員が1か所に集まる必要があるため、時間帯などを合わせることや会議のためのスペース、セッティング、そして資料に関しても全員分必要になるため印刷をしておく手間、状況によってはプロジェクターなどの準備なども必要になるケースもあるでしょう。
円滑に会議を進めるという意味では、全員が直接そろっているというのは、メリットといえます。
ただし、時間を合わせる必要性や下準備が面倒という面はデメリットといえるでしょう。
web会議の場合には、インターネット環境を整えておけばどこからでも参加できるというのが大きなメリットといえます。
時間帯を合わせる必要はありますが、わざわざ会議のために1か所に集まる必要性がありません。
パソコンやモバイル端末などを用意してインターネット回線がつながっていれば参加可能のため、移動のための時間などが必要なくなり時間を効率よく使える点はメリットといえるでしょう。

 web会議でのデメリットは、インターネット回線が不安定になると音声などが聞こえにくい、会議の進行を妨げる可能性が出てくる点です。
どこでも気軽に会議に参加できるのは、便利ではありますがインターネット回線が不安定な状況下に陥った場合には、きちんとした会議ができないケース、音声トラブルにより会議が成立しない可能性が高くなるため、注意が必要です。
また、直接、参加者との接触がないため通常会議のように1か所に集まることがない点から、その場の雰囲気を感じ取ることが難しい点はデメリットの一つです。
会議の状況によってはその場の雰囲気によって進行がうまくいっているかどうか判断や意見を述べる場合のタイミング、言い回しなども重要なポイントです。
そのため、インターネットを利用するweb会議では、相手の表情、態度など参加者の雰囲気を感じ取れないというのは、状況によってはマイナスな面となる可能性があります。

 近年では、インターネットの普及によりさまざまなものに対してインターネットは活用されています。
利用してみると便利ではありますが、メリットだけでなくデメリットも把握しておく必要があります。
web会議においても、便利な反面デメリットなどに関してもよく把握して導入するほうがいいかの判断をつけることが大切です。
企業によって、また会議に集まる参加者などによっても状況によっては遠方からの参加が必要になるケースなどでは、移動において時間やコストがかかる点を考慮するならweb会議を導入したほうが大きなメリットとなるケースもあります。
このように、企業ごとや会議によって都合のいい会議方法というものを判断することが大切です。
1か所に集まる通常の会議方式がメリットとなるのか、web会議をしたほうがメリットがあるのかという点を導入を検討するなら日垣してみましょう。

カテゴリー

PAGE TOP